海外肥料に依存する日本の農業の課題を解決する、国産の汚泥肥料が注目を浴びています。
コエルは、下水汚泥資源の肥料利用拡大を推進し、日本の農業を支えています。

近年、下水汚泥資源の肥料利用を拡大する取り組みが推進されています。
揺れ動く海外情勢の中、食品の安全保障、資源の有効活用、
コスト削減など、様々な視点で汚泥肥料の有用性が再評価されているからです。

当社が生産した汚泥肥料は、既に多くの長野県内農家様に利用され、
品質・コストの両面で支持されています。

下水汚泥資源の肥料利用に関しては、県下最大級の堆肥化施設を保有する当社にお任せください。

ABOUT US

当社について

事業概要
保有設備・許認可
会社概要

事業概要

コエルは、有機性廃棄物を収集し発酵・堆肥化。
完成した堆肥を販売する会社です。

保有設備・許認可

県下最大級の処理施設(日量80トン)により、収集した有機性廃棄物を堆肥化しています。

会社概要

国が飯山市で開拓した255haの大規模農地に、堆肥を供給する目的で設立された当社は、有機性廃棄物を収集し、堆肥化して農家に販売する業務を行ってきました。

RECRUITリクルート

「がんばってる人、成果を上げた人をちゃんと評価します。」

廃棄物処理産業は、一昔前まで就職してくれる人が集まりにくい業界でした。
しかし資源リサイクルが重要視され、地球規模で循環型社会を目指すようになった現代では、注目産業の1つになりつつあります。

TOP